top > 雑感 > 雑感28

春のメインイベント、それはチューリップ!

雑感28 (2005年5月7日)

今年は気合を入れて何度か行きました。わたしの一番好きな被写体といっても過言ではないのがチューリップです。
えっ?その割にたいした写真がないって?
好きなのと綺麗に撮れるのとは別問題ということでして ♪〜(=^ ^= ) 



最初に行ったのは4月3日の鳥取花回廊です。
早咲きのチューリップが鉢植えされていました。鉢植えなので面積あたりの植付け密度が高く撮影は非常にしやすかったのを覚えています。
そのときの様子はこちらの旅行記に多少詳しく書きましたので参考にしてみてください。

鳥取花回廊のHPアドレスはhttp://www.tottorihanakairou.or.jp/です。
広島からちょっと遠いのですが、なかなかよかったですよ。

そのときの写真です。



次には4月16日の夕方に仕事を早く片付けていった庄原市の国営備北丘陵公園です。
夕方16時頃に入ったのですが日はとても高く、斜光で影がしっかりついたチューリップとのもくろみは見事にハズレ。17時閉門なので慌てて帰りました。

その翌日、国営備北丘陵公園に今度は昼前着で3度目のチューリップです。
半分程度の咲き具合です。←種類によっては満開で、種類によっては全く咲いていないという意味の半分程度ということですので十分撮影はできる状態でした。。。

さらにその翌週(4月24日)再度国営備北丘陵公園に開門前着で4度目の正直です。
嫁さんにも若干呆れられつつ行きました。
KENさんやぶたさん、HUNTERさんにお会いできました。皆さん真剣でしたが私は暑さにやられちょっと残念でした。

国営備北丘陵公園は広島市内から2時間程度で行けて植えてある面積も広大ですので家族連れも多数いらっしゃいます。
チューリップの植えてある密度が若干低いのですが望遠系のレンズがあればOKと思われます。

国営備北丘陵公園のHPアドレスはhttp://www.bihoku-park.go.jp/です。


そのときの写真です。


もう終わりにしようと思っていたのですが、世羅の旭鷹農園がチューリップ満開と聞いたので最後と思い4月29日に行ってきました。
ここも広島市内から2時間程度でいけます。
規模は国営備北丘陵公園に負けていないのですがチューリップを植えてある島とその隣の島の間の通路が狭すぎて三脚が広げにくいのが超ネックです。
島の端っこのは通路が広いのでそこで撮ることになります。
チューリップの種類は国営備北丘陵公園より多くあります。

しかし、この日は風が強く砂埃がすさまじかったのでさっさと帰ってしまいました。

旭鷹農園のHPアドレスはhttp://www.kyokuhofarm.com/

夏はヒマワリ畑に変身です。ヒマワリは去年も行きましたが背が高すぎないヒマワリで撮影がし易いですよ。

< 雑感 トップへ

< back next >

top