top > 雑感 > 雑感30

見積もりを出してもらうまで
シリーズ『家』)
今回は写真とは何ら関係のない書き物です。ご了承ください

雑感30 (2005年5月21日)

まずは土地の大きさを測ってもらいます。そして地盤の強さをコンクリート外壁のメーカーは測ってくれました。広島の旧市内は三角州なので基本的に地盤がユルユルなのだそうです。←地盤強化のための出費の予感。
そうして、営業マンの人にプランの希望を述べて設計の人に図面を引いてきてもらいます。
そのプランを見ながら、この部屋はもう少し狭くしてその分を収納スペースにとか、この扉を引き戸にとか、私たちの要望をさらに述べ、また図面を引いてくるということを何度かしました。

この段階ではあまり細かい仕様は決めませんが、給湯はガスか電気かとか、キッチンもガスか電気か、といった大まかな仕様を決めていきます。その中でどうしてもこだわりたい部分だけは述べておけばいいのだと思います。その図面を元に営業マンが金額を出してきます。

しかし、後から考えると自由設計と言われるものでも、ほとんどはそのメーカーの設計さんが考えてくれたプラン通りの家であり、設計の勉強をしていない素人に本当の意味での自由設計は無理だと思いました。

(続く)

< 雑感 トップへ

< back  next >

家の目次へ >

top